見ないと損!bybitが期間限定でお得なキャンペーンを実施中

Coincheck NFTとは?始め方や使い方を初心者向けに解説

Coincheck NFT(β版)って2021年にすっごく話題になったよね?
どうやって始めるべきなのか、そもそも何が良いのか、教えて!
国内仮想通貨取引所が提供しているNFTが売買できるマーケットプレイスのことね!
じゃあCoincheck NFT(β版)について解説していくわ!

2021年から話題になっているCoincheck NFT(β版)は、日本初のNFTマーケットプレイスとして話題を呼びました。

今回はそんなCoincheck NFT(β版)の特徴や使い方、取り扱い商品によくある質問等について解説していきます。

5秒で分かる結論
  1. Coincheck NFT(β版)ではブロックチェーンゲームに特化したNFTマーケットプレイス
  2. Coincheckで口座を持っておけば、ワンクリックでアクセスできて便利

「Coincheck NFT(β版)について知りたい、」
「Coincheck NFT(β版)を使ってみたいけれど何をしていいか分からない」

このような疑問をお持ちの方はぜひ最後までご覧ください。

ちなみにNFTについて詳しく知りたい方はこちら。

提供する情報に関しての注意
本サイトは日本居住者を対象としたものではありません。また、本サイトはあくまでも情報提供や注意喚起を目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございません。本サイトの情報により生じたいかなる損失に対しても、当社は責任を負いません。そのためお申込みにあたっては、各事業者のサイトや利用規約を十分にご確認の上、ご自身でご判断ください。

コインチェックNFTの概要

コインチェックNFTは、国内仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)が運用している、日本初のNFTが取引できるプラットフォームの名称です。

2021年3月からサービスが開始され、コインチェックに口座を持つユーザーであれば誰でもNFTマーケットへ参加できることから、話題となりました。

NFTとは唯一無二の価値を与えることができる代替不可能なトークンを指します。

イーサリアムのブロックチェーン上で構築できるもので、デジタルアートなどのアート作品やゲームのアイテムなどをNFT化することで、データそのものに価値を与えています。

デジタルデータの証明書として活躍し、ものによっては数億円単位で高額売買されているNFTもあります。

NFTを登録ユーザー同士で売買できるサイトを指しています。

ネットのオークションのようなもので、海外版では「OpenSea」などがよく主要なNFTマーケット例として挙げられます。

NFTを使えば、ゲーム内アイテムを売買して稼いだり、デジタルアートを売買して稼いだりできるのか!仮想通貨で稼ぐ幅が広がったんだね!

コインチェックNFTでは、ブロックチェーン技術を使った「ブロックチェーンゲーム」で使えるNFTを売買して稼ぐ方法もあります。

ちなみに日本語対応でサポートも手厚く、NFT初心者でも安心感して始められる体制が整えられています。

海外のNFTマーケットプレイスは、英語表記のサイトが多いから、日本語対応は初心者にとって非常に有難いわね!

コインチェックNFTの特徴

コインチェックNFTの特徴は大きく分けて以下の3つです。

  1. 誰でも簡単に利用可能
  2. 様々なブロックチェーンゲームのNFTを取引できる
  3. 日本語対応で、初心者に優しい

それぞれ詳しく解説していきます。

特徴①:誰でも簡単に利用可能

コインチェックユーザーなら誰でも利用ができます。

コインチェックは国内有数の仮想通貨取引所で、取り扱い銘柄数は業界最多を誇っています。

NFTを始める際に、仮想通貨の購入が必要になるので、コインチェックに口座を持っていない方は、無料で口座開設しておきましょう!

コインチェックに口座を持っていれば、コインチェックNFTへワンクリックでアクセスでき、口座内で保有する通貨をそのまま売買できるスムーズさが魅力よ!

特徴②:様々なブロックチェーンゲームのNFTが取引可能

コインチェックNFTは徐々に話題になってきている様々な「ブロックチェーンゲーム(NFTゲーム)」の分野に特化しています。

遊びながら稼ぐ「GameFi」という新しい稼ぎ方が実践できるサイトです。

ゲームで遊びながら稼ぐ新しい金融構造を指し、ブロックチェーンゲームやNFTゲームなどの名称で呼ばれることもあります。

GameとFinance(ファイナンス)を組み合わせた造語で、ゲームのクリア報酬で仮想通貨がもらえたり、アイテムを売って仮想通貨を得たりできる仕組みを持ち、2021年頃から徐々に成長を続けている分野です。

実際のスポーツの知識を活かして仮想通貨を稼ぐ「Sorare(ソラーレ)」や、トレーディングカードゲーム、仮想空間(メタバース)内を自由に操作できる「The Sandbox(サンドボックス)」などのゲーム内で使えるNFTが取り扱われています。

ネットワーク上に構築された現実世界とは異なる、3次元的な仮想空間を指しています。

メタバース内では、世界中の様々な人がオンラインで繋がって、仕事をしたり、趣味をしたりできるようになるとされています。

Facebook社もメタバースに由来して、社名を「Meta(メタ)」に変えたことから注目を集めています。

さらに、NFTが購入できる通貨はコインチェックで取り扱う18種類の内、15種類に対応しています。

既に仮想通貨を持っている人はわざわざNFT購入用に別の通貨を用意しなくていいため、手間がかからないわよ!

ゲームで稼ぐ分野に特化していて、通貨も色々な種類が使えるのか!
とっても便利だね。

特徴③:日本語対応で、初心者に優しい

操作方法もシンプルで、完全日本語対応ですので、わからないことがあればすぐに疑問が解決できます。

顧客資金も金融庁に認可されたコインチェックが厳重に管理しているため、初心者でも始めやすいのが魅力です。

サポート体制もあるため、安心して利用することができるね。

コインチェックNFTの取扱商品

コインチェックNFTで取り扱っている商品は以下の6つです。

  1. The Sandbox(サンドボックス)
  2. Sorare(ソラーレ)
  3. CryptoSpells(クリプトスペルズ)
  4. NFTトレカ
  5. Meebits(ミービッツ)
  6. Joyfa(ジョイファ)

The Sandbox(サンドボックス)

メタバースと呼ばれる仮想空間の中で、キャラクターを自由に操作したり土地を所有したりして遊ぶゲームです。

マインクラフトとほぼ似ているシステムですが、ゲーム内で取得したアイテムや土地を資産として保有できる強みがあります。

このサンドボックス内で使われる通貨であるサンド(SAND)は、実際に大手仮想通貨取引所Binanceでも上場して売買されている銘柄です。

数千ある仮想通貨の中で、売買量などの話題性を表す時価総額は第39位につける実力派コインです。(2022年4月4日時点)

ちなみにサンドは、2021年に大幅に価格を上昇させ、業界内でも「ゲーム関連銘柄」「NFT関連銘柄」として注目を浴びているのよ!

The Sandbox(サンドボックス)で何ができる?
  1. オリジナルゲームやアイテム、キャラクターを作成して販売できる
  2. ゲーム内の土地を購入して、不動産収入を得ることもできる

ちなみに、国内最大手の音楽系企業のエイベックスの会長や世界的ラッパーなどもサンドボックスの土地を購入しています。

Sorare(ソラーレ)

こちらは世界140以上ものサッカークラブチームとライセンス連携をしているブロックチェーンゲームです。

自分で好きな選手のカードを集めてチームを作り、現実世界の試合結果が選手ごとに反映され、自分の作成したチームのスコアを競い合うゲームです。

ランキング形式で発表されており、高得点を獲得すれば、報酬がもらえるようになっています。

サッカーやスポーツの知識が活かせて、スポーツ観戦しながらお金が稼げるのがソラーレの魅力です。

Sorare(ソラーレ)で何ができる?
  1. 自分だけのドリームチームを作り、得点を競い合う
  2. 選手のカードを売買したり、コレクションとして集めたりできる
ちなみにソラーレ専用マーケットは、ガス代が無料よ。

コインチェックNFTに関するQ&A

コインチェックNFTに関する、よくある質問をまとめていきます。

コインチェックNFTの手数料はいくら?

NFTの入庫手数料・出品手数料は無料です。
販売価格の10%の販売手数料、出庫手数料は0.01ETHなどが必要です。
なお出品・購入時のネットワーク手数料も無料なのは珍しいです。

 

NFTはいくらから買えるの?

0.0001ETH(日本円で約3,000円程度)から購入できます。
販売価格は売り手が決めているので、安い値段で売られているものもあります。

 

NFTはどの仮想通貨で買える?

15種類の通貨を使って購入可能です。
(BTC, ETH, MONA, LSK, XRP, XEM, LTC, BCH, XLM, QTUM, BAT, IOST, ENJ, OMG, PLT)
ただ、売り手が定めた通貨でしか購入できないので注意が必要です。

 

何でもコインチェックNFTに出品できる?

コインチェックNFTで取り扱っている6種類のゲーム内で使えるものに限定されています。
自分で描いた絵や写真を出品できる訳ではありません。

もし自分で作ったアートなどを出品したい場合は、海外NFTマーケットプレイスの「OpenSea」などを使ってみてね。

コインチェックNFTの使い方・買い方

よし!じゃあコインチェックNFTを早速始めてみるよ!
トモキくん、やる気満々ね!
じゃあ最初に始める前に事前準備をしていこう。

ではコインチェックNFTの使い方やNFTの購入方法について紹介していきます。

主な流れは以下の通りです。

STEP.1
コインチェックの口座開設と外部ウォレットMetaMask(メタマスク)の登録を行う。
STEP.2
コインチェック内で仮想通貨を購入し、メタマスクとコインチェックNFTを連携する。
STEP.3
コインチェックNFT内で欲しいNFTを探して購入。

STEP1:事前準備

まず、コインチェックで口座開設をしておきましょう。

口座開設費用は無料ですので、まだNFT取引を迷っている方でも国内有数の仮想通貨取り扱い数を誇るコインチェックの口座は持っておいて損はありません。

口座開設ができれば、メタマスク(MetaMask)のダウンロードとウォレットを作成します。

NFTを購入するだけであれば、メタマスクは必要ありませんが、購入したNFTを保管(入庫)したり、出品したNFTを取り出してゲームで使用(出庫)したりする際にはメタマスクが必要となります。

スムーズにコインチェックNFTを利用するためにも、メタマスクは用意しておくことをおすすめします。

メタマスクはブラウザ版とアプリ版があるわ!
今回はGoogle Chromeの拡張機能としてダウンロードしてウェブ上で管理する、スタンダードな「ブラウザ版」で進めていくわね

メタマスクの登録手順
  1. MetaMaskの公式サイトにアクセスし「Download」「Chrome」の順にクリック
  2. 「Chromeに追加」をクリックし、メタマスクをダウンロード
  3. ダウンロード後、「ウォレットの作成」をクリックすればOK

作成時には、「シードフレーズ(バックアップフレーズ)」という12個の単語が表示されます。

必ずメモをして大切に保管するようにしましょう。

このフレーズがないとパスワードを忘れた際にリセットできないの!
つまり、ウォレット内の仮想通貨・NFTは取り出せなくなるから絶対に忘れないでね!

STEP2:NFTが始められる状態にする

コインチェックの口座開設とメタマスクのウォレット作成が完了すれば、残りは「メタマスクとの連携」を行えば、スムーズにコインチェックNFTが始められる状態となります。

メタマスクの接続手順
  1. コインチェックの公式サイトへアクセスし、左下メニューの「Coincheck NFT(β版)」をクリック
  2. 「マイページ」「MetaMaskに接続」の順で選択
  3. 自動的にMetaMaskが立ち上がり、連携したいアカウントを選択すれば接続完了

案外簡単に終わった!
画面の通りに進めていけば問題なく終了できるみたいだね。
お疲れ様!
もし口座内に仮想通貨を保有していない場合は、日本円を入金してイーサリアムなどを購入しておくことを忘れずにね。

STEP3:NFTを購入

ゲームタイトルを選択して、欲しいNFTを探していきましょう。

欲しいNFTページで「購入確認」を押せば、販売価格と手数料が確認でき、問題なければ、「購入」を押すことで簡単に購入が完了します。

ちなみに購入したNFTは自動的にマイページ内のアイテム欄に保管されます。

どれがおすすめなのかな?
多すぎて迷ってしまうよ…
話題性で選ぶならThe Sandbox(サンドボックス)の土地(LAND)も人気だけど高額なの。
最初は自分の遊んでみたいゲームのNFTからがおすすめかな!
もちろん最初は少額から購入していくようにしてね!

コインチェックNFTで出品・売却する方法

次にNFTを出品する手続きを進めていきます。

NFTの主な保管場所として、大きく2種類に分けられます。

  • コインチェック内にNFTがある状態:コインチェックで購入し、出庫ボタンを押していない
  • メタマスク内にNFTがある状態:コインチェック側で出庫ボタンをクリックし、メタマスク内に移動させた

コインチェック内にNFTがある状態の場合、マイページから「出品」を押すだけでNFTの出品が完了します。

もしも、ゲーム内で使うためにメタマスクへNFTを一度移動していた場合はコインチェック内に移動させる操作が必要となります。

主な操作は以下のようになります。

STEP.1
メタマスクで管理している自分の保有するNFTをコインチェック内へ移動(入庫)して、出品準備をしておきましょう。
コインチェックNFTのマイページから「入庫」を選択し、「対象ゲーム」「NFTのトークンID」を入力します。
STEP.2
コインチェックNFTのマイページから、出品したいNFTの「出品」をクリックし、「受け取りたい通貨」「値段」を入力して出品完了です。

なお、コインチェック内に移動させる際には、NFTのトークンIDを調べる必要があります。

外部のNFTマーケットプレイスに、NFTの入っているメタマスクを接続することで簡単にIDを調べられるので、覚えておきましょう。

トークンIDの探し方(OpenSeaを活用)
  1. 世界最大のNFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」へアクセスし、右上のアカウントマークをクリックして、メタマスクを接続
  2. OpenSeaのマイページから調べたいNFTを選択
  3. 「Details」の「Token ID」をコピー
ちなみにコインチェックNFTでの売却時には、販売手数料として販売価格の10%が差し引かれるから注意が必要よ!

コインチェックNFTとは?まとめ

今回は、コインチェックNFTの特徴、始め方、使い方について紹介してきました。

コインチェックNFTは、国内仮想通貨取引所であるコインチェックが運営しているため、安心感があり初心者でもNFTにチャレンジしやすいシンプルなサイト構造が魅力です。

ゲーム内のNFTの価値が上がり続けている実績などもあり、今後もNFT分野は発展していく可能性が高いです。

まずはコインチェックで口座を開設し、ブームに乗り遅れないようNFTマーケットプレイスへの参加準備を進めてみてはいかがでしょうか?

NFTについてもっと知りたい方はこちら