見ないと損!bybitが期間限定でお得なキャンペーンを実施中

NFTアートの作り方や始め方!特徴・評判・注意点・将来性はある?

最近流行りの「NFTアート」っていうものが気になるんだよね!
話題になっているものはチャレンジしてみたいな、教えてレイナさん!
NFTアートは初心者でも簡単に作れて、販売もできるデジタルアートのことね。
何気なく作ったアートが数億円…なんてことが起こりえるのが「NFTアート」の面白いところじゃないかしら?
今回はNFTアートの基本・作り方・始め方について説明していくわね!

仮想通貨の分野の中でも、「NFTデジタルアート」は初心者の方でも参入しやすく、気軽に作って販売できる体制が整えられています。

最近では、何気なく撮影した愛犬の写真を試しにNFTとして出品してみたところ、約4億4,000万円で落札されたケースもあり、SNS上でも非常に話題となりました。

そこで今回は、NFTデジタルアートの特徴や作り方、始め方、売買方法、取引できるマーケットや将来性など、NFTデジタルアートについて網羅的にご紹介していきます。

5秒で分かる結論
  1. NFTアートは唯一無二の価値を証明できるデジタルアートのこと
  2. NFTアート初心者は「Coincheck NFT(β版)」が始めやすい

実はLINEなどの大手企業もNFTデジタルアート分野への参入を表明しており、今後より一層盛り上がっていくと十分考えられます。

「NFTデジタルアートについて知りたい」「NFT分野でお小遣い稼ぎをしてみたい」という方はぜひご覧ください

提供する情報に関しての注意
本サイトは日本居住者を対象としたものではありません。また、本サイトはあくまでも情報提供や注意喚起を目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございません。本サイトの情報により生じたいかなる損失に対しても、当社は責任を負いません。そのためお申込みにあたっては、各事業者のサイトや利用規約を十分にご確認の上、ご自身でご判断ください。

そもそもNFTとは?

NFTは「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」の略で、唯一無二の価値を与えられる技術を指します。

ちなみにBTC(ビットコイン)などの仮想通貨は「Fungible Token(代替性トークン)」と呼ばれています。

非代替性と代替性

  • 非代替性(NFT)
    替えが効かないもの。
    モーツァルトの作曲した音楽、ピカソの絵、など。
    Aさんの持つ「NFT」とBさんの持つ「NFT」は全くの別物

  • 代替性(BTC)
    替えが効くもの。
    お金、商品など。
    Aさんの持つ「1BTC」とBさんの持つ「1BTC」は同じ価値

つまり、NFTはデータをコピーや改ざんできなくする「ブロックチェーン技術」を活用し、NFT一つ一つが替えの効かないものであることを証明しているってことか!
もしも一部のデータが改ざんされても、他のユーザーが管理するデータと照らし合わせれば、改ざんを発見できる革新性があるのよ!

全ての取引データを「ブロック」と呼ばれる記憶の格納倉庫へ記録し、時系列に沿って「チェーン」状に並べて保管していく技術のことです。

このブロックを、参加者同士で相互に保管していくことでデータの改ざんができなくしています。

リスクを最小限に抑えつつ、ネット上で取引ができることから、金融の分野で幅広く活用されているのです。

NFTアート・NFTデジタルアートとは

このブロックチェーン技術を持つNFTをネット上のデジタルデータを組み合わせたものが「NFTデジタルアート」と呼ばれています。

デジタルアートは、パソコンやスマホなどを使って作られたアート作品のことを指し、以下のように幅広い種類が存在しています。

  • デジタル絵画
  • デジタル写真
  • デジタルイラストレーション
  • 電子音楽
  • 動画

通常のアート作品と違ってデジタルアートはデータであり、コンピューター上で保管できます。

そのため、持ち歩きや保管が便利な一方で、容易にコピー(複製)や二次的な転用もできてしまう問題が生じていました。

そこで、データの改ざんができない特徴を持つNFTと紐づけ、所有者の情報を全て記録できるようにし、偽造不可能な証明書を発行できるようになりました。

なるほど!
唯一無二の価値を与えられるようになったから、現実世界のアート作品同様、NFTアートが高額売買されているんだね!

NFTアートの特徴や仕組み

NFTアートは主に以下の5つの特徴・仕組みがあります。

  1. 唯一無二の価値を証明できる
  2. 誰でも参加・作成できる
  3. アート分野の発展に寄与している
  4. 所有権は購入者へ移動するが、著作権は作者のまま
  5. 高額売買されやすい

それぞれ細かく確認していきましょう。

特徴①:唯一無二の価値を証明できる

NFTアートはブロックチェーン技術の恩恵を受け、デジタルアート作品に唯一無二の価値を持たせることができます。

今まではデータをコピーすれば容易に複製することができていましたが、NFTと紐づけることで独自性を担保し、コレクションとしての資産価値を生み出しています。

今までは「複製・転載」が横行する無法地帯だったものが、証明書が発行できるようになって整備されているんだね!

特徴②:誰でも参加・作成できる

NFTアートを売買するオンライン上の「NFTマーケットプレイス」を利用することで、誰でも簡単に参加することができるようになりました。

予めNFTマーケットプレイス登録しておけば、NFTにしたいデータ(画像データなど)をアップロードするだけで簡単に出品できるのです。

ネット上のフリーマーケットみたいなものね!
簡単に売買できるから参入障壁が低いというメリットがあるのよ!

現実世界のアート作品を購入する場合、招待制のオークションなどでしか購入できず、限られた人や場所だけにしか購入する機会がありませんでした。

しかしNFTマーケットが開かれたことにより、誰でも自宅にいながらアート作品を購入し、自分で描いたイラストなども出品できるようになったのです。

出品作品はレベルの高さが必要?

そんな事はありません。

プロのアーティストでなくとも、高額売買されるようなNFTを出品するチャンスがあります。

  • 夏休みの自由研究に作成した、小学3年生のデジタルアートが「160万円」
  • イギリスの12歳の少年のクジラの絵が「1,700万円」
  • 岩の画像が「1億5,000万円」

単に技術があるから売れるのではなく、どんなものでも価値を感じてもらえれば売れるのです。

全世界の人間が相手なので、何が価値があると判断されるのかわからないという点もNFTアートの醍醐味といえるでしょう。

特徴③:アート分野の発展に寄与している

他にもアート分野の発展に寄与しています。

今まではデジタルアートなどの分野では、コピーや二次利用がされてしまい、作者に対して正当な報酬が支払われていませんでした。

しかしNFTアートが広まったことにより、二次販売(転売)などの時には、作者に対して報酬が一定の割合で支払われるように、作者自身で事前に設定できます。

これこそ、全ての取引履歴が記録され、改ざんされることがないNFTだからこそできることだね!
消費者も証明書があることで安心して購入がしやすい。
者も利益が確保できて「win-winの関係」を築くことができるわ!

特徴④:所有権は購入者へ移動するが、著作権は作者のまま

NFTアートの所有権は購入者へ移動しますが、著作権は作者のまま記録されていきます。

例えば、ピカソの絵を買った場合自分が作者となる訳ではありませんよね。

NFTアートでも同じ仕組みが適用され、購入したからといって全ての権利が自分のものになることはない、という点に注意が必要です。

特徴⑤:高額売買されやすい

NFTアートでは価値があると判断されると、高額で取引されるケースがしばしば見られます。

唯一無二性を持たせられる「希少性」があることで、一定の資金流入が期待できるのです。

高額売買例

  • Twitter創業者ジャック・ドーシー氏の最初のツイートをNFT化して「約3億円」
  • VRアートと呼ばれる奥行きのあるデジタルアートの売買価格が「約1,300万円」
  • 日本人実業家・投資家の与沢翼氏の第二子誕生ツイートが「約1,041万円」
  • ラッパーのスヌープ・ドッグ氏がゲーム内所有地の隣の区画が「約1億4,000万円」

このように様々な業界でデータがNFT化され、莫大な資金が飛び交っているのがNFTアート分野の特徴です。

NFTが売買されているマーケット

現時点で、NFTアートが売買されている主要なNFTマーケットは、「Coincheck NFT(β版)」と「OpenSea」などです。

主なNFTマーケットの例
  • 「Coincheck NFT(β版)」
    日本人に馴染み深い国内仮想通貨取引所のCoincheckが運営。
    Coincheck口座を持っていれば、口座内の仮想通貨を使って、NFTを手軽に購入できる便利さが魅力。
    知名度もあり、完全日本語対応。
  • 「OpenSea」
    世界最大のNFTマーケットプラットフォーム。
    登録後、すぐにNFTを売買できるシンプルさが売り。
    NFTアート数が段違いに多く、取引手数料も安いため、コストを抑えたい方向け。
コインチェック取引所は、芸人の出川哲朗氏が出演するCMも放送していたのよ!
一度は目にした人も多いんじゃないかしら?

コインチェックは国内仮想通貨取引所で、海外仮想通貨取引所のバイナンスとは違う特徴を持っています。

NFTアートの種類

NFTマーケットで取引されているNFTアートには、希少価値が高い限定品や、テイストが似ていて細部が異なるコレクション性のあるものなど、様々な種類が存在しています。

NFTアートの種類
  • ジェネレーティブアート
    プログラムでランダムに作られるデジタルアート。
    作成者にも完成形が想像できない目新しさが人気。

    代表例は、様々な類人猿が描かれている「BAYC(Bored Ape Yacht Club)」など。

  • ピクセルアート
    ドット絵とも呼ばれ、初心者でも作りやすいのが魅力。
    SNSのプロフィール写真にしている人が多い。
    代表例は人物画の「CryptoPunks」など。
  • VRアート
    3次元的に描かれたアート。
    完成した作品を正面だけでなく、様々な角度で立体的に楽しむことができる
    日本人アーティストの「せきぐちあいみさん」のVRアート作品が有名。

ちなみに、コレクション性のあるNFTアートの分野をまとめて「コレクティブ」と呼びます。

先ほど紹介した「CryptoPunks」や「BAYC(Bored Ape Yacht Club)」などもコレクティブのジャンルに含まれます。

コレクティブの特徴は、コレクション購入者のみで独自のコミュニティが形成されており、数に限りがあることでしょう。

有名コレクティブ作品は1枚3,000万円以上の高額で売買されることもあり、コレクターの間でも投資価値のある分野として人気が集まっています。

アートといっても色々な種類があるんだね!
日本でもNFTアートは盛り上がりを見せているわ!
開始1日で1万人以上の参加者が集まった香取慎吾さんによる「NFTアートチャリティプロジェクト」や手塚プロダクションによる「公式NFTアートのオークション販売」が代表的ね。

NFTアートの始め方・購入方法

では、NFTアートの始め方を紹介していきます。

今回は、NFTアート初心者でも使いやすい日本語対応の「Coincheck NFT(β版)」を使った方法を選んでいます。

STEP.1
最初にCoincheckで口座を開設し、日本円を入金してイーサリアムを購入します。
NFTアートを購入するには仮想通貨が必須です。
必ず準備しておきましょう。
STEP.2
メタマスクはGoogle Chromeの拡張機能として無料で利用できます。

NFTマーケットでの支払い時に必要となりますので、登録必須です。

STEP.3
Coincheckの「資産の送金」欄から「イーサリアムを贈る」をクリックして、MetaMaskへ送金します。
MetaMaskのアドレスはログイン後のメニュー画面でコピー可能です。


最初は必ず少額でテスト送金して着金確認するのを忘れないようにしましょう。

STEP.4
Coincheckへアクセスし、メニュー欄から「Coincheck NFT(β版)」を選べばアクセス完了です。
STEP.5
ゲーム内の土地や、アイテムなども販売されています。
ウィンドウショッピング感覚で楽しんでみましょう。
Coincheck NFT(β版)にアクセスしたら、画面上部のアイコン部分を選択してMetaMaskと接続しておきましょう!
接続しておくことで、スムーズにNFTを購入できるわ!
画面の表示に従って「同意」と「許可」を押していけばOKよ!

NFTアートの販売・出品方法と作り方

NFTの始め方・購入方法はわかったよ!
Coincheckでイーサリアムを購入して、MetaMaskへ送金、Coincheck NFT(β版)でNFT購入っていう流れだね。
正解よ、トモキくん!
NFTアートを売る際には、オリジナルNFTアートを作るか、既に保有しているNFTを使っていくわ。
始めての人は既に持っているNFTを出品する方がおすすめよ。

既に持っているNFTを出品する際には、NFTをCoincheck NFT(β版)へ移動(出庫)させて出品していきます。

STEP.1
Coincheck NFT(β版)へアクセスし、マイページの「MetaMaskから入庫」をクリックします。
STEP.2
「入庫するNFT」「Token ID」を入力し、「入庫する」をクリックすれば入庫完了です。
ちなみに、MetaMask内で保管しているNFTアートは、MataMask内でToken IDの確認ができます。
STEP.3
Coincheck NFT(β版)のマイページから、出品したいアイテムを選び、受け取りたい通貨・金額を入力して「出品」をクリックすれば完了です。

基本的にCoincheck NFT(β版)では、購入したNFTを販売・出品するのみとなっており、自分で作成したピクセルアートなどは出品することはできません。

ですので、無料ツールなどで作ったNFTを別のマーケットに出品することになります。

NFTの作り方はPhotoshopなどを使ってデジタルアートを描いて、OpenSeaなどのマーケットプレイスにアップロードするだけでOKです。

写真や音楽、映像などデータであれば何でもNFT化が可能よ!
自分で作ったピクセルアートを出品したい時は利用してみてね。

NFTアートの作成&出品方法

  1. 「8Bit Painter」などのドット絵作成ツールを使って、デジタルアートを作成
  2. OpenSeaなどのNFTマーケットプレイスへアクセス
  3. 作品の解説・価格などを入力してアップロードすれば、NFTアートとして出品完了

実際にNFTアートを作りたい方はこちらの記事を確認しておきましょう。

NFTアートの口コミ・評判

ではNFTアートの口コミや評判などを見ていきましょう

売れた嬉しさをツイートされていました。

ウィンドウショッピングのように楽しめることも魅力の一つであるようです。

NFT作品を交換しながら、コミュニティを作ることも可能なようです。

ビジネス的な観点からもメリットがあると評価されています。

出品するだけでなく、NFTアート自体に魅力を感じている方も多く見られました。

口コミや評判を見ていくと、NFTアートを作って売れた時の嬉しさや達成感だけでなく、お気に入りのNFTアート作品を探したり、交換したりできる発展性も評価されているようです。

色々な目的でNFTアートを楽しんでいるんだね。

NFTアートを購入時の注意点

NFTアートを購入するためには、手数料としてイーサリアムが必要となります

Coincheckで最初にイーサリアムを購入してから始めるようにしましょう。

ただイーサリアムのガス代は比較的高いというデメリットもありますので、購入画面でガス代がいくらかかるのかを確認することを忘れずに。

NFTアートに関してよくある質問

ではNFTアートについてよくある質問を紹介していきます。

NFTアート作成時に手数料はかかる?

かかりません。NFTマーケットプレイスで出品する際にガス代が必要となります。

 

NFTアート以外に、どのようなNFTの種類がある?

ゲーム内のアイテムをNFT化したり、有料会員権をNFT化してネット上で販売したりしています。
他にも、スポーツのスーパープレイ集の動画もあります。

NFTアートの将来性は?今後どうなる?

NFTアートは、まだまだ発展途上の分野です。

2022年4月からはLINEなどの大手企業もNFTマーケットプレイスの提供を開始することを発表しています。

またテレビでもNFTの特集が行われています。

今後、メディア露出の機会も増えて、日本企業なども参入を進める可能性も十分考えられそう!

NFTアートのまとめ

今回はNFTアートの始め方などについて紹介していきました。

NFTアートは初心者でも始めやすく、上手くいけば収益を上げることも夢ではありません。

まずは、Coincheckに登録をし、NFTへ参入する準備を進めてみてはいかがでしょうか?

実際にどのようなNFTアートが販売されているか、自分の目で確認してみるのも面白いんじゃないかしら。