見ないと損!bybitが期間限定でお得なキャンペーンを実施中

サンドボックス(Sandbox)とは?特徴・メリットを徹底解説

サンドボックス(Sandbox)とは?特徴・メリットを徹底解説

ブロックチェーンゲームってよく聞くようになったけれど、どんなゲームなのか分からないな…
何か有名なゲームはあるの?
有名なのは「The Sandbox」ね。
ブロックチェーン技術を使っていて、オンライン上で様々な目的で楽しめるゲームなのよ!

The Sandbox(ザ・サンドボックス / サンドボックス)は今注目されているブロックチェーンゲームゲームです。

The Sandboxは著名人や有名企業が実際に参入するほど人気高いのゲームですが、そもそもブロックチェーンゲームについて理解している人は案外少ないのではないでしょうか?

今回はThe Sandboxの特徴や始め方、基本的な用語などを中心に紹介していきます。

5秒で分かる結論
  1. The Sandboxではアイテムなどを売買してお金が稼げる
  2. ゲームをスムーズに進めるなら「Binance(バイナンス)」の用意を

「ブロックチェーンゲームについて知りたい」
「The Sandboxに興味があるけれど、よくわからない」

ブロックチェーンゲーム初心者が上記のような疑問を解消できる記事となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

The Sandboxをすぐに始めたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

提供する情報に関しての注意
本サイトは日本居住者を対象としたものではありません。また、本サイトはあくまでも情報提供や注意喚起を目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございません。本サイトの情報により生じたいかなる損失に対しても、当社は責任を負いません。そのためお申込みにあたっては、各事業者のサイトや利用規約を十分にご確認の上、ご自身でご判断ください。

そもそもブロックチェーンゲームとは?

ブロックチェーンゲームとは、その名の通り、ブロックチェーン技術を活用しウェブ上で遊べるゲームをしています。

全ての取引(トランザクション)を履歴として残していき、情報をユーザー同士で管理することで、データの改ざんや不正などが行われないようにする技術です。

仮に、どこかでハッキングされ、改ざんされた場合でも、他のユーザーの持つ情報と照らし合わせれば、それが誤った情報であると確認できます。

ビットコインなどの仮想通貨でもブロックチェーン技術が使われています。

ブロックチェーン技術を用いたブロックチェーンゲームの特徴は以下の通りです。

  1. 取引の改ざんや不正、アイテムなどのコピーが不可能
  2. ゲーム内コインは仮想通貨
  3. ゲーム内や外部サイトでアイテムなどを売買できる
  4. ゲームのサービスが終了しても、アイテムなどは資産価値のあるものとして残り続ける

ブロックチェーンゲーム内では、仮想通貨がゲーム内通貨として使われています。

仮想通貨であるため、ゲーム内コインでしかなかったものが、バイナンスなどを使えば実際のお金と交換できるようになりました。

つまり、ゲーム内でアイテムを売買することで、お金を稼ぐという新しいお金の稼ぎ方を提供しているのよ!

例えば、あるゲームで使っていたアイテムを別のゲームで使うこともできるのか!とっても面白いね!
MEMO
ゲームのサービスが終了しても、現実世界なら苦労して集めたアイテムは消滅してしまいますが、ブロックチェーンゲームならその心配はありません。

アイテムやキャラクターはNFT化されているので、一種の資産として保有し、他のゲームでも使うことができます。

詳しくNFTについて知りたい方はこちらの記事を確認しておきましょう。

Non Fungible Token(非代替性トークン)の略で、唯一無二の価値を与えられる技術です。

ゲーム内のアイテムやキャラクターをNFTと組み合わせることで、希少性が認められ、高額で取引されることもあります。

The Sandbox(ザ・サンドボックス)とは?

今回ご紹介するThe Sandbox(以下、サンドボックス)は、ブロックチェーンゲームの一種で、非常に知名度の高いゲームです。

サンドボックスでは、メタバースと呼ばれる仮想空間内でキャラクターを操作したり、家を購入したりするMinecraft(マインクラフト)のようなプラットフォームを提供しています。

ユーザーが好きなように遊べる、何でもできるゲームってことだね!
ネットワーク上に構築された現実世界とは異なる、3次元的な仮想空間を指しています。

メタバース内では、世界中の様々な人がオンラインで繋がって、仕事をしたり、趣味をしたりできるようになるとされています。

Facebook社もメタバースに由来して、社名を「Meta(メタ)」に変えたことから注目を集めています。

Minecraftのように自分で家を作れる特徴を持ちつつ、サンドボックスではアイテムなどを売買できるマーケットプレイスを設置しています。

これにより、自分で作った建造物やキャラクター、アイテムなどを販売してお金を稼ぐことができます。

Minecraft(マインクラフト)の建造物をサンドボックスへ導入することもできるわ!経験者はコツが掴みやすいんじゃないかしら?

コインチェックとThe Sandboxがメタバース上の都市開発を開始

日本の暗号資産取引所であるコインチェックがサンドボックス内に所有している土地を、サンドボックスと連携して開発していくプロジェクトがスタートしています。

2035年に近未来都市の「Oasis TOKYO」というメタバースとNFTを組み合わせた拠点を作り出し、ユーザーのメタバース上でのコミュニケーションを活発化させる狙いがあります。

コインチェックは、2021年には出川哲朗さんをCMに起用したことでも話題となりました。

The Sandbox(ザ・サンドボックス)の使い方は?

そんなサンドボックスの魅力について紹介していきます。

アイテムを収集したり、謎を解いたりするなど様々な楽しみ方ができるサンドボックスですが、主に以下のような魅力があります。

  1. オリジナルキャラクターやアイテムを作ってゲーム内で使用・販売
  2. 土地を所有して不動産収入を得る
  3. オリジナルゲームの提供

では、それぞれ細かく解説していきます。

使い方①:オリジナルキャラクターや建物などを制作・販売できる

サンドボックスのユーザーは自分自身でキャラクターなどをデザインできます。

VoxEdit(ボックスエディット)という無料で使えるツールを使って、ゲーム内で使用するキャラクターなどを作ることができるのです。

積み木のようにボックスを掛け合わせ、奥行きのある3Dのモデルを作った作品である「ボクセルアート」を作って、販売して稼ぐことも可能です。

作成したボクセルアートは実際に、サンドボックス内のマーケットプレイスで売買されています。

 

使い方②:所有する土地(LAND)の売買・貸し出しが可能

サンドボックス内の土地を所有し、その土地を売買したり、貸し出して不動産収入を得たりすることができます。

現実世界での不動産と同様、立地や話題性などで地価が変化していきます。

例えば、有名企業や有名人が所有する土地の隣の区画は値上がりしやすく、過去には「有名人の所有する隣の土地」という理由だけで、5,000万円で取引されていました。

最初から購入していた土地の隣に、たまたま有名企業が土地を購入し、一気にその価値が上昇した、なんてこともあり得る世界なのよ!

また所有する土地を貸し出して、家賃収入を得ることも可能です。

The Sandboxの土地を購入して稼ぎたい方はこちらをご覧ください。

魅力③:ゲームを作成できる

サンドボックスが提供する「The Sandbox Game Maker」という無料ツールを利用して、誰でも簡単に3Dゲームが作成できます。

自身が所有する土地でゲームを提供し、ゲームの利用料(土地への入場料)をもらうこともできるのです。

ゲームは土地を持っていなければ、提供できないから注意してね!

The Sandbox(ザ・サンドボックス)でよく使う用語

サンドボックス関連で馴染みのない単語をよく見かけるんだ。どういう意味なんだろう?

サンドボックスでは、以下のように様々な用語が使われています。

The Sandbox(サンドボックス)でよく使われる用語
  • LAND(ランド):サンドボックス内の土地。発行上限は166,464個。
  • ESTATE(エステート):複数のLANDで構成される地域。S~XLまである。
  • SAND(サンド):サンドボックス内の通貨。バイナンスなどの大手取引所で売買可能。
  • ASSET(アセット):ゲーム内のアイテム全般。

ちなみに、サンドボックス内で使える通貨である、仮想通貨「SAND」はキャラクターやアイテムの売買で利用できる上に、バイナンスなどの大手取引所でビットコインなどに変えられます。

今後サンドボックスが人気になっていけば、SANDの需要も高まって価格が上昇する可能性が高いわ!

つまり、サンドボックス内で稼いだSANDの価値が値上がりして、「稼いだ利益」+「値上がり益」のダブルで期待できる可能性もあるってことか!サンドボックスってすごいね!

The Sandbox(ザ・サンドボックス)の始め方

ではサンドボックスを始めていくにあたって、自分のPCがサンドボックスに対応しているかどうか確認しておきましょう。

対応しているのは3種類のみです。

  • Windows(7以降)
  • Mac(OS X Mavericks以降)
  • Linux

自分のPCが対応していれば、以下の流れに沿って、サンドボックスを始めていきましょう。

STEP.1
メタマスク(MetaMask)との接続を行う。
STEP.2
サンドボックス内で利用するキャラクターを設定
STEP.3
ボクセルアートなどを作るツールをダウンロード

STEP1:サンドボックスの登録

最初にサンドボックスのアカウント作成していきましょう。

メタマスクと呼ばれる外部ウォレットに接続するだけでアカウント作成が完了します。

参考 MetaMaskのダウンロードChrome ウェブストア

メタマスクを持っていない方は、Google Chromeのウェブストアへアクセスし、「Chromeに追加」からダウンロードしておきます。

その後、サンドボックスの公式サイトへアクセスし、メタマスクを接続すればサンドボックスへの登録は完了です。

The Sandbox(サンドボックス)の登録方法
  1. 公式サイトへアクセス
  2. 「アカウントの作成」もしくは右上の「サインイン」をクリック
  3. メタマスクを選択
  4. 登録したいメールアドレス、ニックネーム、パスワードを入力して完了

STEP2:アバターの設定

次にサンドボックスで操作していく自分のアバター(キャラクター)を設定しておきましょう。

サイト右上の丸のアイコンをクリックし、メニュー欄の「アバター」を選択すれば、設定画面へ移行できます。

作成したアバターは保存でき、何度でも変更可能です。

テンプレートなども参考にしながら、好きな色やアイテムを組み合わせてみてね!

STEP3:ゲーム・エディターのダウンロード

最後に、ゲームと無料配布ツールをダウンロードしておきましょう。

ゲームは、TOPページのメニューから「アルファ」「遊びたい土地」「ゲームのダウンロード(Dowmload alpha)」の順でクリックすれば完了です。

画面の指示通りに進め、最後にメールアドレスとパスワードを入力すれば終了します。

無料配布ツールは、左側のメニューの「作成」、ゲームを作成できる「Game Maker」、アイテムを作成できる「VoxEdit」をそれぞれ選択してダウンロードすればOKです。

ちなみに、「Game Maker」は現在Windowsのみの対応となっているので注意しておきましょう。

ゲームとエディターの準備が終われば、いよいよサンドボックスが始められるわ!ゲームの容量は最低2.5GB必要だから注意してね!

The Sandbox(ザ・サンドボックス)をもっと楽しむために

サンドボックスでは無料でプレイできるブロックチェーンゲームですが、ゲーム内通貨のSANDを購入すれば、楽しみの幅を広げることができます。

SANDでできること
  1. ゲームをプレイする(無料ゲームもあり)
  2. NFTやLANDを購入可能
  3. LANDなどのレンタル料を払う
  4. ステーキング(預けるだけで利子が貰えるサービス)を利用可能

通常、自分のゲームを提供するためにはサンドボックス内に土地を購入する必要があります。

「いきなり土地の購入なんてハードルが高い」という人は、土地をレンタルすることで、土地を購入するよりも遥かに少額でゲームを提供できます。(※現在は未実装、今後サービス提供予定)

現実世界の不動産と一緒だね!
初めての人は賃貸物件(LAND)を借りて、その場所でゲームを提供して稼いでいくのか!
そうね!その時に必要になるのが、ゲーム内通貨であるSANDってことよ。
無料でも遊べるけれど、SANDを持っている方が、より深くサンドボックスを楽しめるわ!

なおSANDは日本円では買うことができないので、海外仮想通貨取引所のバイナンスなどでビットコインを使って購入していく必要があります。

Binance(バイナンス)での購入方法

具体的な購入方法は以下の通りです。

STEP.1
無料で口座開設が可能。国内取引所ではSANDを購入できないので注意。
STEP.2
国内取引所などで購入しておいたビットコインなどを、バイナンスへ送金。
STEP.3
バイナンスで「SAND/BTC」の銘柄を検索し、数量を指定して購入。

操作時間は合計10分もかからず、簡単にSANDを購入できるわ!
サンドボックスを始める際には、バイナンスの口座を準備しておいてね!

The Sandbox(ザ・サンドボックス)のまとめ

今回はサンドボックスについて紹介してきました。

サンドボックスを始める際のダウンロード費用は無ですので、最初はどのようなゲームやNFTが販売されているのか、見てみるのも面白いのではないでしょうか?

サンドボックス関連ニュースで話題を呼んだのは、世界的なラッパーであるSnoop Dogg(スヌープ・ドッグ)氏が保有するLANDの隣が3区画合わせて、約1.4億円で購入されたことでしょう。

自分が有名人でなくても、稼げるチャンスを増やせるのがサンドボックスの魅力です。

サンドボックスの実際の使い方や土地の購入方法などが知りたい方は、こちらからご覧ください。